こんばんは!
外部講師umiさんのレッスンはこちら→☆

いよいよ今年も、残すところあと数日ですね。

年越しは、夫の実家の新潟。そのあと、雪がひどくなければ、実家の長野に帰省予定です。

と、言うのも、新潟→長野間の山越えが、吹雪くと本当に大変で大変で 
怖い思いをしてからは、冬場は日を改めて長野へ帰省していました。
無事に帰れますように・・・

先週のレッスンレポ、まとめて。
まずは、天然酵母のレッスンから。
30-horz

バゲット初挑戦の生徒さん。
以前に上級メニューのベーコンエピとミルクフランスを受講してくださっているので、分割や丸めなどはスムーズにできていました。

練習生地を用意し、ミニバゲットの成形と3本クープの練習をしっかりしてから本番に臨んでいただきました。

ランチは、バゲットサンドにして。
私は、クラストがガリガリのタイプが好きではなく、薄めでパリパリとしたほうが好みなのですが、サンドにしても、そのままでも、美味しい!と、気にいってもらえて安心しました

エピは、ウインナーやベーコンチーズ、オリーブ、チョコなどをお好みで。

長いタイプと少し短めのタイプ、3本作って、それから、お持ち帰りの生地を作ってお持ち帰りでした。

久しぶりにホシノ酵母を起こしたら、いろいろ忘れてしまっているところが多かったようで、今回、ちゃんと確認していただけて良かったです。

寒くなったので、発酵のスピードがゆっくりになります。捏ね上げ温度をもう少し意識してパン作りされると、もっと扱いやすくなります!また何かありましたら聞いてください(^^)


続いて、基礎のバタートップとスイートブールのレッスン。
32-horz

冬期限定のデニッシュ食パンを受講してくださった生徒さんが、レギュラーメニューも受講してくださいました。

スイートブールは、上生地も作る必要があるのと、初回レッスンで二つとも捏ねるのは大変なので、捏ねが難しいほうのスイートブールを手ごねしていただき、バタートップは分割からにしました。

ランチパン用にバタートップにチョコチップを入れて、グラニュー糖をトップにふったシュガーバタートップも。

スイートブールのようなべたつく生地は、捏ねに少しコツが必要ですが、一度覚えてしまえば中級以降で出てくる捏ねにくい生地も簡単に捏ねられるようになります。

糖分の高い生地は、発酵が鈍くなります。
いつも言っていますが、酵母は生き物なので、酵母にとって、この生地や温度、湿度の環境はどうなのか?それをいつも考えながらパン作りをしてみてください。


酵母自体は自分でどうにかすることができないので、私たちが環境を整えてあげてくださいね

前回のバター折り込みは、美味しいけれど少しハードルが高いとおしゃっていたので、手軽な基礎メニューから、おうちパンも楽しんでいただけたら、と思います!

遠くからお越しくださりありがとうございました

Rさんも、昨年に引き続き、今年も一年お世話になりました(^^)
来年もどうぞよろしくお願いします!


12.1月教室予定、体験レッスン日→☆ 

外部講師のumiさんの1~3月のキャラパン教室→umiさんレッスン

お問合せ、お申込みはこちら→☆                                   

冬期限定メニュー(デニッシュ食パン、デニッシュペストリー、クロワッサン)→☆

基礎メニュー 
→☆          
                        

中級メニュー→☆

上級メニュー→☆

                                            
天然酵母メニュー→☆