おはようございます。

最近、だいぶ寒くなってきましたね。

私、すごく寒がりで...  
長野県でよく暮らせていたなと思います。実家は掘りごたつがあるんですよねー。

でも、昼間はぽかぽかで、オーブンをつけると暑いくらいなんですけど♪


最近、また自家製酵母のパンを焼いています。

バゲット(というより、バタールですね)、グラハム入りのクレセントロール、中にゴマクリームを巻いたゴマ&ゴマベーグル。

10

今回はレーズン酵母。
レーズンと水を合わせて、レーズンに付着しているパン酵母を増殖させて、その酵母を使ってパンを膨らませるのが、自家製レーズン酵母のパンです。

いわゆる天然酵母ですが、この「天然」の使い方には賛否両論があるのです。

イーストも自然界のパン酵母をパン酵母のみで純粋培養したもので、元は天然のものだけど天然酵母とは言わず。

ホシノ天然酵母は、イーストの同じく天然のものを、麹などと一緒に培養していて、こちらは天然酵母と言う。

違いと言えば、イーストが単一のパン酵母のみなのに対し、ホシノを始め自家製酵母は、パン酵母以外の他の酵母や乳酸菌などを含む、複合酵母であること。

ホシノや自家製酵母は、様々な酵母や微生物によって生み出されるものが個々に違うので、それぞれが特徴のある、個性豊かなパンになるのです。

発酵に時間がかかるので、小麦粉自体の熟成も進み、最終的に味わい深いパンになるというのも美味しさの一つですね。

「天然酵母」なのかではなく、単純に自分のパンの好みやライフスタイルに合わせて、選んでもらえればと思います。 

イーストでも天然酵母でも、家で作るということは、安心な無添加パンであることは間違いないのです。

自家製酵母はどうしても不安定なところがありますので、簡単なホシノ酵母から始めてみるのもいいと思います(^^)

11

これは、冬期限定メニューのデニッシュ食パン。

一斤型で試作したのですが、発酵に時間がかかるので、やっぱりレッスンは大きめパウンド型にしようと思います。

でも、一斤型で作りたい生徒さんもいると思うので、ご試食でお出しする予定です。

その他、18㎝パウンド、それから基礎メニューのバタートップの型の分量と時間もレシピに載せますね。

ご希望の生徒さんは、レッスンできますので、言ってください(^^)
初めての人も受講できます。

奥にぼや~と見えているものは、シュトーレン(シュトレン)

こちらは、12月にレッスン予定です!

バターたっぷり、フルーツたっぷりで、手ごねは少し難易度が高く...
こちらは、体験レッスンを受講済みの方のみにしようかと迷い中です。

こちらは2本お持ち帰りです!お楽しみに(^^)


お申込み、お問い合わせ→☆ 

基礎メニュー→☆

中級メニュー→☆

上級メニュー→☆

天然酵母メニュー→☆