こんにちは。 

今日は、La mela パン教室についてのお話をしたいと思います

教室の場所

川崎市宮前区平
 (近くに相鉄ローゼンたいら、ヤマダ電機があります)

田園都市線、JRの溝の口駅からバスで12分~、下車徒歩30秒~1分の場所
バスは、溝の口が始発で、3~4分おきに出ています

駐車スペースが1台分あります。
ご予約時にお知らせください。

自宅教室のため、詳しい場所は、お申込み確定後にお伝えしております。
ご質問があればこちらからどうぞ→★

女性限定
 男性は女性同伴の場合はご参加いただけます
 お子様連れOKです。

51

教室で出しているお茶です。 (リンゴの採れる時期限定)
普通の紅茶にリンゴのスライスを入れてフルーツティーにしています。

実は私の実家は、リンゴ農家なのです。

このリンゴは、フジなので、蜜が多めの甘いリンゴ。
スライス後、少しレモン汁をまぶしてから作るのがおすすめです

52

これも教室で出している、実家のリンゴで作っているリンゴジュース。
その年のリンゴの出来に左右されるので、毎年少しずつ味が違いますが、とてもおいしいので、ぜひ飲んでみてください

レッスンのランチに出しているドレッシングには、手作りりんご酢を。
とは言っても、本来のお酢は酢酸発酵によって作るものですが、これは、できているお酢にリンゴを漬けて作る簡易リンゴ酢。

P5210175-horz

まず、リンゴをスライスし、砂糖(今回はきび砂糖)をまぶし、リンゴのエキスを出します。
水分が出たところに、お酢を入れて漬けるだけ。

お酢は、ごく普通の穀物酢でOKです

薄くスライスしているので早くから使えますが、2週間くらい漬けると穀物酢の酸味の角が取れ、りんごの風味が良くするようになります。
私はその後、ザルでこして、お酢の瓶に再び戻して使っています。

一時期、お酢を飲むのが私の中でブームになり、これを水や炭酸で薄めて毎日飲んでいました
今は、そのブームは去り(笑)、ドレッシングや料理に使っています。

教室の名前、La mela (ラ メーラ)は、イタリア語でリンゴという意味。

なぜイタリア語にしたのかというと、少し思入れがありまして・・・

子どもができる前、結婚して3年目に、イタリアへプチ留学&一人旅に行ったのです。
反対する夫を何度も説得し、1ヵ月間だけですが行くことを許してもらいました。

前半はローマの家庭にホームステイと家庭料理のレッスン、後半はぐるっと南から北までの一人旅。

イタリア語を勉強して、カタコトのイタリア語でなんとかし(なんとかならなかったこともありましたが)貴重な経験ができました。

話すと長くなりますので、またの機会にでも
あの時、新しく挑戦した気持ちを忘れないように、と、大好きなリンゴで、La melaという教室名にしました!!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました

メニューを選べる体験レッスン、随時募集中です。
詳細は、こちらをご覧ください